直近のイベント/学会誌販売リンク

総合人間学会 第14回研究大会

シンポジウムテーマ:いのちのゆれの現場から実践知を問う

日時: 2019年6月15日(土)~16日(日) 
会場:日本福祉大学 東海キャンパス(愛知県東海市)

詳細はこちらへ


2019年大会プレ企画/研究談話会のご案内

テーマ『今、対話的実践による「総合知」のあり方を問う』 

(御案内) 
 2019年大会シンポジウム(6/15)ではテーマ『いのちのゆれの現場 
から実践知を問う』について、4名のパネリストとともに、いのちの 
ゆれ、現場の実践知のあり方など、「総合知」の今日的なあり方に 
ついて話し合われます。(大会案内のシンポ内容を参照下さい) 
 大会に先立ち、「専門知」「実践知」「全体知」についての認識を 
深め、また「対話」とは何かということに関しても認識を深めるため、 
ひろく議論するためのフォーラム(大会プレ企画)を開催します。 
重要なテーマですので、ぜひ多くの方々のご参加を呼びかけます。 

         (研究・談話委員会・大会企画委員会、共催) 

【開催日時】2019年3月16日(土) 14:45~17:30 

【場所】津田塾大学千駄ヶ谷キャンパスSA316教室 
(キャンパス周辺マップ) 

http://www.tsuda.ac.jp/about/access/sendagaya.html
*参加希望者は、下記、事前申し込み下さい(入館管理のため) 

【プログラム】 
プレ企画主催者からの話題提供(問題提起)と自由討論 

(以下敬称略) 
報告1:中村俊
◎シンポジウムテーマ「いのちのゆれの現場から実践知を問う」の意味するもの  

報告2:河上睦子 
◎<実践知とジェンダー>:ハラスメント相談にかかわって―  

報告3:穴見慎一 
◎総合知と全体知―私たち(本学会)は何を知ろうとしているのか? 

(話題提供者、各自20分・質疑応答を含め30分を予定) 

(総合司会) 古沢広祐 

休憩(10分)をはさんで、自由討論(65分予定) 

◇ご注意◇ 
会場となる津田塾大学に入構する際、名簿との照合が必要となります。 
参加される場合は必ず事務局までご連絡ください。 
事務局メールアドレス: contact[atmark]synthetic-anthropology.org
([atmark]は@に置き換えてください) 
返信がない場合はメールが届いていない場合も考えられます。 
その際は、恐縮ですが再度ご連絡ください。 
~~~~~~~



—————————————————————————————————————-

本学会オンラインジャーナル『総合人間学研究』第12号が公開されました。 こちら のページからダウンロードしていただけます。ぜひご覧ください。

—————————————————————————————————————-

こちら から学会誌『総合人間学』をご購入いただけます。

カテゴリー: お知らせ | コメントする

第14回研究大会

第14回研究大会(2019年度開催)のお知らせ

日時:2019年6月15日(土)・16日(日)

場所:日本福祉大学 東海キャンパス(愛知県東海市)

会長:尾関周二 /実行委員長:中村俊 /大会長:片山善博

参加費

正会員: 1,500円(2日間)
非会員: 1,500円(1日につき)
学生・大学院生: 500円
懇親会: 4,000円 当日参加可能

タイムテーブル

  • 第1日目
    • 12:00~ 受付
    • 12:20~13:15 総会
    • 13:30~17:30 シンポジウム
    • 18:00~20:00 懇親会
  • 第2日
    • 9:00~ 受付
    • 9:30~12:20 一般研究発表
    • 12:20~13:30 休憩
    • 13:30~15:30 若手シンポジウム

プログラム

 テーマ:いのちのゆれの現場から実践知を問う

              司会:中村 俊(東京農工大学名誉教授/脳科学)

河上睦子(相模女子大学名誉教授/哲学、社会思想)

シンポジウム趣意説明(13:30~13:40)       

 第1報告(13:40~14:10)

  地域医療の現場から               

藤井博之(日本福祉大学教授/地域医療、多種職連携)

 第2報告(14:10~14:40)

重い障害のある人の発達保障実践から        

白石恵理子 (滋賀大学教授/ 障害児教育 )

 第3報告(14:40~15:20)

「臨床宗教師」誕生が意味するもの        

大菅俊幸(公益社団法人シャンティ国際ボランティア会/臨床仏教学)

前半部討論(15:20~15:50)〔※質疑・応答を含む。グループ討論の可能性もある。〕

休  憩(15:50~16:00)

第4報告(16:00~16:30)

いのちの危機と電話相談             

種村完司 (鹿児島大学名誉教授、前鹿児島県立短期大学学長/ 哲学、倫理学)

 総合討論(16:30~17:30)

2.若手シンポジウム(6月16日13:30~15:30/南棟3階S301教室)

 テーマ:岐路に立つ知の在り方とそのこれから   

司会:大倉 茂(哲学、倫理学/立教大学兼任講師)

 第1報告:荻生徂徠の学問論と知の獲得について

―近世日本における「会読」と討論を手がかりに―・

   徳重久美(日本倫理思想史/姫路文学館)

 第2報告:福沢諭吉の学問観――「実学」を捉えなおす

 小林加代子(日本倫理思想史/中京大学)

第3報告:J.デリダの「大学」論――カント読解に焦点をあてて

堀内友博(教育哲学/東京学芸大学大学院博士課程)

[冒頭趣意説明5分、報告 各20分]

3.一般研究発表(6月16日9:30~12:20)

(一人当たり30分:発表20分、質疑10分/入れ替え・準備5分)

A会場:人間・文化(会場:南棟3階S306教室)                    座長:北見秀司(哲学、社会思想史/津田塾大学)

                   水崎富美(教育学/女子栄養大学)

A-1.アマルティア・センの潜在能力論とその発展的応用  

岡部光明(経済学/慶應義塾大学)

A-2.記録映画から浮かび上がる産業的な農業の実態

――オーストリア生まれの監督の二本のドキュメンタリーをめぐって

オプヒュルス鹿島ライノルト(比較文化論、ディスクール分析/上智大学)

A-3. 日本のピアノ文化 高度経済成長期からの新たな出発  

本間千尋(社会学/慶応義塾大学理工学部)


A-4. 人類史における「共感力」と「想像力」                        飯岡秀夫(社会思想/高崎経済大学名誉教授)

A-5. 〈無限の生〉と〈有限の生〉――〈自己完結社会〉の未来ついての一考察

      上柿崇英(環境哲学、現代人間学/大阪府立大学)

B会場:社会・経済(会場:南棟3階S307教室)

座長:藤江昌嗣(統計学/明治大学)

清 眞人(哲 学/近畿大学)

B-1.美濃部都政の社会保障政策の今日的意義

――公的な社会保障サービスのあり方とはどのようなものか 

川上 哲(一般社団法人東京自治問題研究所・都留文科大学)

B-2.福島小児甲状腺がんの真実—–被害者=人間の復興をめざして

宗川吉汪(生命科学/生命生物人間研究事務所)

B-3.   AI・科学技術の発展と労働・学力の未来――労働価値説の検討を含んで 

佐貫浩(法政大学名誉教授/教育学)

B-4.高橋亀吉の産業組合・協同組合論について                           影浦順子(経済史、経済思想史/中部大学)

B-5. 「戦争体験」の世代間継承の努力と可能性 

柳沢遊(現代日本経済史、社会史/慶應義塾大学名誉教授)

C会場:差異・存在(会場:南棟3階S308教室)

             座長:太田 明(教育学/玉川大学)

                                            水野邦彦(韓国社会論、哲学/北海学園大学)


C-1.何ものもメスに生まれない:社会構築主義の徹底の試み 

小倉 建二(哲学、文法論)

C-2.ベイトソンの思索における〈差異〉の存在論――バークリ哲学を手がかりに   下條敬介(長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科博士課程)

C-3. 人間概念の周縁とそのプラグマティックな関心――フェミニズムの視点から  
                        鈴木伸国(哲学的人間学/上智大学)

C-4.マウリツィオ・フェラーリスの新実在論の可能性                         河野勝彦(哲学/京都産業大学名誉教授)

C-5. 性自認・性的指向研究言説の再検討

鬼頭孝佳(名古屋大学大学院博士後期課程/思想史)島袋海理(名古屋大学大学院博士前期課程/セクシュアリティ研究)


カテゴリー: 未分類 | コメントする

編集委員会では、会員の皆様のご執筆なされたご著書の紹介文を随時募集しております。

2018年度(2018年4月1日から2019年3月31日)に出版されたご著書などがございましたら、下記編集事務局までぜひお知らせください。2019年4月末日までお待ちしております。
紹介文には、

  1. 著者名
  2. 書籍タイトル
  3. 出版社名
  4. 発行年月日
  5. 概要 (200文字前後)

の5点をお書きください。また,執筆者の方のご専門等もお書きいただけましたら幸いです。連絡先:
総合人間学会編集事務局
editor[atmark]synthetic-anthropology.org ([atmark]は@に置き換えてください)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2019年大会プレ企画/研究談話会のご案内

テーマ『今、対話的実践による「総合知」のあり方を問う』


 2019年大会シンポジウム(6/15)ではテーマ『いのちのゆれの現場 
から実践知を問う』について、4名のパネリストとともに、いのちの 
ゆれ、現場の実践知のあり方など、「総合知」の今日的なあり方に 
ついて話し合われます。(大会案内のシンポ内容を参照下さい) 
 大会に先立ち、「専門知」「実践知」「全体知」についての認識を 
深め、また「対話」とは何かということに関しても認識を深めるため、 
ひろく議論するためのフォーラム(大会プレ企画)を開催します。 
重要なテーマですので、ぜひ多くの方々のご参加を呼びかけます。 

         (研究・談話委員会・大会企画委員会、共催) 

【開催日時】2019年3月16日(土) 14:45~17:30 

【場所】津田塾大学千駄ヶ谷キャンパスSA316教室 
(キャンパス周辺マップ) 
http://www.tsuda.ac.jp/about/access/sendagaya.html
*参加希望者は、下記、事前申し込み下さい(入館管理のため) 

【プログラム】 
プレ企画主催者からの話題提供(問題提起)と自由討論 

(以下敬称略) 
報告1:中村俊
◎シンポジウムテーマ「いのちのゆれの現場から実践知を問う」の意味するもの  

報告2:河上睦子 
◎<実践知とジェンダー>:ハラスメント相談にかかわって―  

報告3:穴見慎一 
◎総合知と全体知―私たち(本学会)は何を知ろうとしているのか? 

(話題提供者、各自20分・質疑応答を含め30分を予定) 

(総合司会) 古沢広祐 

休憩(10分)をはさんで、自由討論(65分予定) 

◇ご注意◇ 
会場となる津田塾大学に入構する際、名簿との照合が必要となります。 
参加される場合は必ず事務局までご連絡ください。 
事務局メールアドレス: contact[atmark]synthetic-anthropology.org
([atmark]は@に置き換えてください) 
返信がない場合はメールが届いていない場合も考えられます。 
その際は、恐縮ですが再度ご連絡ください。 
~~~~~~~

カテゴリー: 未分類 | コメントする

第10回(通算第16回)総合人間学会関西談話会のお知らせ


日時: 2018年12月8日(土)午後1時30分〜4時30分
場所: 京都市左京区総合庁舎会議室2
    京都市営地下鉄「松ヶ崎」駅から徒歩8分
   (2番出口から南へ約400m、一つ目信号を東へ約200m)
     Tel:075−702-1000 (左京区役所)
www.city.kyoto.lg.jp/sakyo

講演1: 西郷甲矢人 「問いがないとき、答えがない:数理的仏教論理学の試み」
講演2: 入江重吉  「海外文献の紹介— F.M.Wuketits: Darwins Kosmos について」
 司会: 河野勝彦

(一般来聴、歓迎します)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2018年度第1回研究会のご案内

 *研究会では、総合人間学をめぐる議論を重ねてきました。
今回は、学会設立時の趣旨文をあらためて見直すとともに、設立
時とは一変した時代状況について、多角的に議論を深めます。
 設立当時からの会員から趣旨文の背景を語って頂き、順次、各
方面から時代変化の下での総合人間学の捉え方や課題について、
論点並びに課題提示を受けて、激変の時代について議論します。

日時:12月15日(土)14:00~17:00 
場所:明治大学・御茶ノ水(駿河台キャンパス)
   リバティータワー16階 1164教室 
(地図):
https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html

(学会設立の趣旨文):以下参照
http://synthetic-anthropology.org/?page_id=2

[プログラム]
(前半、問題提起)
・「設立趣旨文の背景説明と時代変化」
 尾関周二(総合人間学会・会長)

・「総合人間学のとらえ方と課題について」(仮題)
 三浦永光(津田塾大学名誉教授)

・「総合人間学構築のために ーホモ・サピエンスとホモ・デウス、
  人新世(アントロポセン)の人間存在とは?」
 古沢広祐(國學院大学教授)

(後半、コメント・総合討論)
・各界からの問題提起・コメントとともに全体討論、議論します。
 [コメント予定者]
 木村武史(筑波大学教授、宗教学)
 柳沢遊(慶應義塾大学名誉教授、経済史)ほか 

(参加費:無料、資料準備のためメールにて御一報ください)
事務局メールアドレス: contact[atmark]synthetic-anthropology.org
([atmark]は@に置き換えてください)


*会員のみならず一般参加も歓迎します。

========================

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2018年度第1回談話会のご案内

日時:10月27日(土)13:30~17:00 (予定)
場所:明治大学御茶ノ水キャンパス(予定)
 駿河台キャンパス12号館8階 D教室 308D
(地図):
https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
 *談話会では2人の会員から、昨今の文系軽視の社会風潮に対して
人文社会科学の意義や可能性を念頭に置いた話題提供をして頂きます。

・第1報告テーマ:「人文学の未来」(仮題)
 村瀬裕也さん(香川大学名誉教授、中国哲学史・東洋の平和思想)

・第2報告テーマ:「不妊手術と選択的中絶をつなぐもの − 優生学の過去・現在・未来 − 」
 近藤弘美さん(お茶の水女子大学、生命倫理学)

(参加費:無料、資料準備のためメールにて御一報ください)
事務局メールアドレス: contact[atmark]synthetic-anthropology.org
([atmark]は@に置き換えてください)
*会員のみならず一般参加も歓迎します。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

オンラインジャーナル『総合人間学研究』第12号のお知らせ

オンラインジャーナル『総合人間学研究』第12号(2018)を公開しました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

第13回研究大会のお知らせ

2018年06月16日(土)、17日(日)の2日間に渡り、明治大学(駿河台キャンパス)にて、本学会第13回研究大会が開催されます。

本大会では、シンポジウム「科学技術時代における総合知を考える ―文系学問不要論に抗して」、また、一般研究発表や若手シンポジウムなど、様々な企画が予定されております。ぜひご来場くださいますよう、心よりお待ちしております。

こちら に大会専用ページを設けましたので、ぜひご覧ください。

【大会終了】

大会は無事終了しました。多くの会員および一般の方々の参加に感謝します。

カテゴリー: お知らせ | コメントする

第2回談話会のご案内(2017年度)

日 時:2018年4月21日(土)、13時半~15時半頃(2時間程度)

会 場:明治大学(御茶ノ水)リバティータワー1084教室(8階)
キャンパスマップ
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

テーマ:「現代におけるユートピアの意義」
講 師:菊池理夫氏(三重中京大学名誉教授)

講師紹介:日本の政治学者、思想史(主に政治思想)、政策価値論。
※マイケル・サンデルの『リベラリズムと正義の限界』の翻訳者として知られる。
※著書に『日本を甦らせる政治思想~現代コミュニタリアニズム入門 』(講談社現代新書)、ユートピア関係の著作に『ユートピア学の再構築のために』(風行社)、『ユートピアの再構築』(晃洋書房)、『社会契約論を問いなおす』(ミネルヴァ書房)など。

カテゴリー: お知らせ | コメントする

第2回研究会のご案内(2017年度)

日時: 2018年/3月/17日(土)  16:00-18:00
場所: 津田塾大学千駄ヶ谷キャンパス SA 316教室
キャンパス周辺マップ
http://www.tsuda.ac.jp/about/access/sendagaya.html

テーマ: 「総合人間学における人間をどうとらえるか(パート2)」

内容:前回に引き続き「総合人間学における人間」について、議論を深めます。前回の報告と議論をふまえ、重要点の抽出と論点課題について、学会に長く関わられてきた5人の方から10分ずつコメントをして頂き、全体討論を行います。

*継続テーマについて、2017年11月18日に三浦、河上、古沢の三名が報告した総合人間学についての見解に対する討論の継続・発展となります。(そのとき配布された資料は、ネット公開の予定)

◇ご注意◇
会場となる津田塾大学に入構する際、名簿との照合が必要となりますので、参加される場合は必ず事務局までご連絡ください。
事務局メールアドレス: contact[atmark]synthetic-anthropology.org
([atmark]は@に置き換えてください)
返信がない場合はメールが届いていない場合も考えられます。
その際は、恐縮ですが再度ご連絡ください。

皆様お誘い併せの上、ぜひご来場ください。お待ちしております。

*なお第2回談話会は、きたる4月21日(土)、に開催します。
(テーマ)「現代におけるユートピアの意義」
三重中京大学名誉教授、菊池理夫氏から話題提供頂きます。
(開催場所は、現在調整中です)

研究談話員会

カテゴリー: お知らせ | コメントする