第14号(2020年)ダウンロード

オンラインジャーナル第14号

目次

投稿論文                      1

戦後日本におけるピアノ文化の受容と独自性

– 川上と福田の思想を中心として–                  本間千尋 . . . 1

身体のセックス化と超セックス化

– または、性差をめぐるふたつの本質について –           小倉建二 . . . 15

マルクス・ガブリエルの「新しい実在論」

河野勝彦 . . . 27

V.E. フランクルの実存を構成する自己と他者

– 現象学の視点から解く人間構造と共生 –         福田鈴子・砂子岳彦 . . . 41

研究ノート                    55

実践知とジェンダー

– (セクシュアル) ハラスメント相談の経験から –           河上睦子 . . . 55

報告                       67

第 14 回研究大会プレ企画(2018 年度第 2回談話会)報告    . . . . . .67

第3報告者からの報告:「総合知」と「全体知」

– 私たち(本学会)は何を知ろうとしているのか? –         穴見愼一 . . . 69

(緊急報告)コロナ危機が問う自然・人間・文明

古沢広祐 . . . 83

第14回研究大会若手シンポジウム報告         91

岐路に立つ知のあり方とそのこれから

– 若手シンポジウムの報告と総括 –                  大倉茂 . . . 91

荻生徂徠の学問論と知の獲得について

– 共同読書の場としての「会読」を手がかりに –           德重公美 . . . 93

福沢諭吉の学問観

–「実学」を捉えなおす –                     小林加代子 . . . 103

デリダの「大学」論

– カント読解に焦点を当てて –                   堀内友博 . . . 113

書籍紹介                             127

学会情報                             131

総合人間学会会則                         . . . . . . . . . . . 131

投稿規定・執筆要項                        . . . . . . . . . . . 135

あとがき                            河野貴美子 . . . . .139