第14回研究大会

第14回研究大会(2019年度開催)のお知らせ

日時:2019年6月15日(土)・16日(日)

場所:日本福祉大学 東海キャンパス(愛知県東海市)

会長:尾関周二 /実行委員長:中村俊 /大会長:片山善博

参加費

正会員: 1,500円(2日間)
非会員: 1,500円(1日につき)
学生・大学院生: 500円
懇親会: 4,000円 当日参加可能

タイムテーブル

  • 第1日目
    • 12:00~ 受付
    • 12:20~13:15 総会
    • 13:30~17:30 シンポジウム
    • 18:00~20:00 懇親会
  • 第2日
    • 9:00~ 受付
    • 9:30~12:20 一般研究発表
    • 12:20~13:30 休憩
    • 13:30~15:30 若手シンポジウム

プログラム

 テーマ:いのちのゆれの現場から実践知を問う

              司会:中村 俊(東京農工大学名誉教授/脳科学)

河上睦子(相模女子大学名誉教授/哲学、社会思想)

シンポジウム趣意説明(13:30~13:40)       

 第1報告(13:40~14:10)

  地域医療の現場から               

藤井博之(日本福祉大学教授/地域医療、多種職連携)

 第2報告(14:10~14:40)

重い障害のある人の発達保障実践から        

白石恵理子 (滋賀大学教授/ 障害児教育 )

 第3報告(14:40~15:20)

「臨床宗教師」誕生が意味するもの        

大菅俊幸(公益社団法人シャンティ国際ボランティア会/臨床仏教学)

前半部討論(15:20~15:50)〔※質疑・応答を含む。グループ討論の可能性もある。〕

休  憩(15:50~16:00)

第4報告(16:00~16:30)

いのちの危機と電話相談             

種村完司 (鹿児島大学名誉教授、前鹿児島県立短期大学学長/ 哲学、倫理学)

 総合討論(16:30~17:30)

2.若手シンポジウム(6月16日13:30~15:30/南棟3階S301教室)

 テーマ:岐路に立つ知の在り方とそのこれから   

司会:大倉 茂(哲学、倫理学/立教大学兼任講師)

 第1報告:荻生徂徠の学問論と知の獲得について

―近世日本における「会読」と討論を手がかりに―・

   徳重久美(日本倫理思想史/姫路文学館)

 第2報告:福沢諭吉の学問観――「実学」を捉えなおす

 小林加代子(日本倫理思想史/中京大学)

第3報告:J.デリダの「大学」論――カント読解に焦点をあてて

堀内友博(教育哲学/東京学芸大学大学院博士課程)

[冒頭趣意説明5分、報告 各20分]

3.一般研究発表(6月16日9:30~12:20)

(一人当たり30分:発表20分、質疑10分/入れ替え・準備5分)

A会場:人間・文化(会場:南棟3階S306教室)                    座長:北見秀司(哲学、社会思想史/津田塾大学)

                   水崎富美(教育学/女子栄養大学)

A-1.アマルティア・センの潜在能力論とその発展的応用  

岡部光明(経済学/慶應義塾大学)

A-2.記録映画から浮かび上がる産業的な農業の実態

――オーストリア生まれの監督の二本のドキュメンタリーをめぐって

オプヒュルス鹿島ライノルト(比較文化論、ディスクール分析/上智大学)

A-3. 日本のピアノ文化 高度経済成長期からの新たな出発  

本間千尋(社会学/慶応義塾大学理工学部)


A-4. 人類史における「共感力」と「想像力」                        飯岡秀夫(社会思想/高崎経済大学名誉教授)

A-5. 〈無限の生〉と〈有限の生〉――〈自己完結社会〉の未来ついての一考察

      上柿崇英(環境哲学、現代人間学/大阪府立大学)

B会場:社会・経済(会場:南棟3階S307教室)

座長:藤江昌嗣(統計学/明治大学)

清 眞人(哲 学/近畿大学)

B-1.美濃部都政の社会保障政策の今日的意義

――公的な社会保障サービスのあり方とはどのようなものか 

川上 哲(一般社団法人東京自治問題研究所・都留文科大学)

B-2.福島小児甲状腺がんの真実—–被害者=人間の復興をめざして

宗川吉汪(生命科学/生命生物人間研究事務所)

B-3.   AI・科学技術の発展と労働・学力の未来――労働価値説の検討を含んで 

佐貫浩(法政大学名誉教授/教育学)

B-4.高橋亀吉の産業組合・協同組合論について                           影浦順子(経済史、経済思想史/中部大学)

B-5. 「戦争体験」の世代間継承の努力と可能性 

柳沢遊(現代日本経済史、社会史/慶應義塾大学名誉教授)

C会場:差異・存在(会場:南棟3階S308教室)

             座長:太田 明(教育学/玉川大学)

                                            水野邦彦(韓国社会論、哲学/北海学園大学)


C-1.何ものもメスに生まれない:社会構築主義の徹底の試み 

小倉 建二(哲学、文法論)

C-2.ベイトソンの思索における〈差異〉の存在論――バークリ哲学を手がかりに   下條敬介(長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科博士課程)

C-3. 人間概念の周縁とそのプラグマティックな関心――フェミニズムの視点から  
                        鈴木伸国(哲学的人間学/上智大学)

C-4.マウリツィオ・フェラーリスの新実在論の可能性                         河野勝彦(哲学/京都産業大学名誉教授)

C-5. 性自認・性的指向研究言説の再検討

鬼頭孝佳(名古屋大学大学院博士後期課程/思想史)島袋海理(名古屋大学大学院博士前期課程/セクシュアリティ研究)


カテゴリー: 未分類 パーマリンク